8月2日(金)三木市立教育センターで、第20回共生社会を考えるフォーラムを開催しました。

会場の様子

今年は、神戸松蔭女子学院大学教育学部の金丸彰寿先生と谷川弘治先生にお越しいただき、

今年のテーマ「児童生徒が輝く交流及び共同学習ーインクルーシブ教育の実現に向けてー」について

ご講演をいただきました。

また、本校が長年取り組んでいる、本校がある緑が丘周辺の学校(地域校)や、

子どもたちが住んでいる地元の学校(居住地校)との交流活動について、3名の先生から実践発表をしていただきました。

講演 交流実践発表

会の後半には、会場の皆様から寄せられた質問や意見をもとに

交流学習の意義や課題について、お二人の講師の先生からお話をいただきました。

質疑応答

これまでの実践を通しての子どもの成長、保護者の方の思いや願いを踏まえて取り組んでいくことが

大切であることをあらためて確信しました。

 

暑い中、100名を越える多くの方々にお越しいただき、本当にありがとうございました。