今日の朝の運動(外グループ)は体育館で行います。

校庭に大きな水たまりができました。明日は晴れるかな?

さぁ、自分の縄跳びを持って体育館へレッツゴー!

今日のながれ 個々のめあて

個々のめあてを確認したらスタートです。

縄跳びの結び目をほどくのが課題の子どももいます。ほどいたあと、結ぶことが課題の子どももいます。

繰り返し練習し、先生の指差しと手順カードで、一人でできるようになってきました。

「自分でやりたい!」から始まり、「できた!」にかわる瞬間に立ち会うたび、嬉しくなります。

結ぶという動作を通じて、さまざまな日常生活へとつなげられるよう、その子に応じて適切な課題を考えます。

できたらシールをはる 前に立つ

前に出て、挨拶した後、流れをみんなの前で伝える、振り返りの感想を自分で考えて言う、さまざまな課題に取り組んでいます。

縄を回す 縄をこえる

縄をまわすのも上手になってきました。相手が跳びやすい高さが分かってきました。

とぼう 走るよ

お茶を飲んで休憩したらがんばるぞ!

お茶休憩 後ろから前へ縄をまわす

とべた 大縄とび

縄を背中の後ろから前に回す、足もとに縄がきたらすぐジャンプ!

モップかけ 前で司会

体育館を雑巾がけ、モップかけをしたあとは終わりの挨拶です。

朝の運動を終えたら教室へ戻り次の時間の用意をします。

屋内グループは3人がプレイルームで朝の運動です。

スタート 手のほぐし

手触りの柔らかな、18センチ程度のクッションボールの上に、肘をのせ固定します。

指先をほぐし、腰や背中、足など順番にゆるめます。

ゆるめたボール ファシリテーションボールのうえで

空気をぬいたクッションボール からだほぐし

肩のほぐし ほぐします

あるく おわり

ファシリテーションボールは背中と壁の間にボーを維持し、スクワットする、

ふくらはぎの下にボールを維持し、お尻を上げ下げするなどさまざまな使い方ができます。

姿勢を保つのが苦手な子ども、身体が柔らかい子どもに有効な運動です。

「バランス」機能を高めつつ、最初から型どおりにしようとせず、「あそび感覚」で多様な利用法を試していきたいと思います。