今月中ごろから市内でインフルエンザ罹患者が出たことから、本校児童生徒は

給食を各自でランチルームに取りに行き、教室で食べるという形をとっています。

教師がごはんやおかずを配膳し、トレイにセットしておきます。

子ども達は自分のテーブルに置かれた給食をトレイにのせて運びます。

こぼすこともなく、そっと両手でトレイをささげ持ち、教室まで運んだら「いただきます♪」

給食を友だちの分まで運ぶ子ども、片付けのときにクラスみんなの分をまとめてランチルームに返却する子どももいます。

「持ちつ持たれつ」ですね。友だちの分を運び、誇らしげに返却する表情はとても格好いいですよ!

給食を食べ終えたら歯磨き、昼休みとなります。

5時間目が始まるまで各自で好きなことに取り組んだり、体育館や運動場で遊ぶ子どもたちです。

残ったおかずを返却 いれる メニュー

かたづけ ならべる メニュー

みかんの片付け かたづけ かたづけ

 教室で食べたらいつもより給食の残量が少なく、食べ終わるまでの時間も短くなった子どもたちが増えたように思いました。

しっかりごはんを食べたら午後からの授業も集中力がアップします。

 今週は、中学部の生徒も給食のエプロンを持ち帰りません。

4時間目の授業を終えると、教室までマスクをかけてランチルームに食事をとりにくる子どもたちです。

 ランチルームでみんなと一緒に食べるのもいいですが、居住地校交流に行くと交流クラスで手を合わせていただきます。

いつもの場所が教室に変更しても、大きなとまどいなく給食を食べられるようになってきました。

給食を用意してくださる調理の方々、栄養師の先生、三木特まで給食を運んでくださる皆さん、いつもありがとうございます。