10月~11月にかけて行われた落ち葉集め大会!

天気にもめぐまれ、一度も雨が降らなかったので合計、9回にわたって取り組むことができました。

今朝の集会、ふれあいコーナーの時間に集めた落ち葉を計ります。

5、6袋集まったクラス、4袋だけどぎっしり落ち葉がつまったクラスとさまざまです。

集まったよ ちらし はかり

まず、クマの縫いぐるみを用意して、1袋の重さと比べ、予想してみます。

140センチ、6キロのクマさんとみんなの集めた1袋、さぁ、重いのはどっち?

50センチ、2キロのクマさんには勝てるかな?

くま  どっち? 掲示板

子どもたちが前に出てきてそれぞれのクラスの重さを測定後、記入していきます。

「けっこう、集まったねぇ」

「葉っぱって、見た目より軽いやん」

どれぐらいかな?はかるよ いれるよ かく

子どもたちはデジタル数字を先生と一緒に読み上げます。記入していく様子を子どもたちもじっと見つめます。

かく 4クラスぶんと先生チーム みんなではかろう

4クラス分+先生チーム分合わせて5回、測定しました。

さて、さて、気になる優勝クラスは4袋分の12.15キログラム集めた「中2組」です!

大きいクマさん、小さいクマさんを2つ合わせた8キログラムより重かったね。

12.15キロ 優勝 桜

桜・柿・びわの木々は葉が落ちました。でも松や杉など葉の落ちない常緑樹もあります。

もみじはまだ色鮮やかに紅葉しています。

「せんせい、これだけの葉っぱ、集めなかったら校庭が葉っぱだらけになってるね」

もみぢ 先生チーム 中1くみ

表彰式で教頭先生が「学校の周りがきれいになりました。どのクラスもよく集めました」と褒めてくださいました。

きれいな校舎 小2くみ 小1くみ

がんじきや竹箒を使ってちりとりに落ち葉をいれるとき、葉っぱと一緒に砂や土が入らないように、

落ち葉だけ集めるようにそっとがんじきを動かした子どももいます。

手でぐしゃりと落ち葉を豪快にわしづかみしながらバケツに入れ、「たくさん入ったよ」と満足げな表情が忘れられません。

初めての落ち葉集め大会でした。

落ち葉を集める際の要領を覚え、葉っぱが片付くとおしまいといった工程は子どもたちにとって非常にわかりやすかったようです。

また、来年の秋もやりたいですね!