本日、作業療法士である太田篤志先生を迎えて、校内研修を行いました。

小学部は3時間目の図工を、中学部は4時間目の英語の授業を観ていただきました。

☆小学部図工「こすってでるでる もようがいっぱい」(フロッタージュ技法)

見本 がんばってるね

手でこする しんけん

色ぬり よくみてますね

指にこすった色粉がついても気にしない!みんな楽しそうに葉っぱや紐を紙に挟んで、上からこすりました。

どれにしようかな? 作品

☆中学部英語「ハロウィンについて知ろう」

ハロウィンのお化けを知って、お気に入りのモンスターを見つけよう!

おおかみ男 英語でいうと・・・

どれどれ なるほど

次はこうだよ マッチング

発表 ぼくのえらんだおばけ

たのしいよ えいごのうた

子どもたちに対する支援の仕方について、太田先生からアドバイスをいただきました。

事前に用意した教材が、子どもたちの活動を円滑に行うために適当であったかどうか、毎回、我々教員も自問自答しています。

太田先生は子どもたちの立場で、私たちが気づかなかった視点で有意義な助言をしてくださいます。

それぞれの発達に応じて、もっとも効果的な指導ができる課題や使用する教材が作れるよう、がんばっていきます。