5時間目に地域文化伝承事業の一環として、体育館で三木音頭講習が行われました。

小学部、中学部のみんなは真剣な表情で、青い着物をめされた講師の先生を見つめます。

「講師先生のおっしゃることを一言も聞き漏らさないぞ!」

「講師先生の指先、振り付けを見て覚えるぞ!」

子どもたちだけではありません。先生たちも熱いまなざしで講師の先生の踊りを穴が開くほど見つめます。

踊ってみよう よくみてます

やるぞ 一緒におどろう

当日は太鼓を中学部の生徒が叩きます。

子どもたちは体育館で都はるみの歌声にあわせて三木音頭を踊ったあと、閉会式の練習を行いました。

司会 あいさつ

閉会式あいさつ 校歌をうたう

三木特別支援学校では、校歌に手話をつけて歌います。

4月に入学した児童生徒は、先生や友だちと一緒に手話を覚えてきました。

当日はたくさんの方々が来られてちょっぴり緊張してしまうかもしれません。

でも、みんながいるから大丈夫!

手話つきの校歌も楽しみにしていてください。