紅白リレーの練習が始まりました。

16名が紅白にわかれて競います。子どもたちはバトンやたすきを次の走者に渡す練習をしました。

誰からバトンをもらって、誰に渡すのか、前後の友だちと握手して「よろしくおねがいします」!

実際にトラックを走ると、敵、味方関係なく、大きな拍手や声援が沸き起こります。

子どもたちは、自分にできることを精一杯、取り組んでいます。

「プレイヤーズ・ファースト」後方からしっかりと支援することを念頭に置いて指導していきます。

ぼくがわたすね よろしく

はしるよ ぼくにまかせろ

よしはしるぞ 先生よりもはやい~

ぼくもスタート はしりまーす

小学部のみんなが仲間の声援を受けて走ります。

どの子どもも笑顔があふれ、楽しんで活動しています。

さすがはやい バトンはおとしません

まけないわ おっ、はやい

走るのたのしい~ ぼくもはしるよ

応援 がんばれ~

子どもたちは仲間をよく見ています。

人は千差万別で、進む速度も違うし、個性の幅もそれぞれです。

だからこそひとりひとりの質に合わせてサポートします。

担任だけでなく、たくさんの先生や看護員さんが見守る中で練習が始まりました。

今日の練習中に校庭の草や落葉を集めてくださった校務員さんや熱中症対策セットを常備し、見守ってくださる救護の先生、

我々、三木特スタッフも子どもたちとフェスティバルにむけて頑張ります。

たくさんの落葉 あつまれ~