橋本先生を迎えて 7月20日

今日は1学期終業式を終え、子どもたちが下校した後に、

22人の先生たちが集まって、教育センターの橋本先生による動作法研修を受けました。

子どもたちと日々関わる中で子どもの実態に応じて、臨機応変な対応と工夫が必要となります。

13時半から始まった研修は、一人ずつマットを用いて、体育館で行われました。

校長先生のあいさつ 背面にたちます

首をかたむけます 肩をまわします

橋本先生の話 教頭先生の話

橋本先生は、身体の重心を前や後ろ、横にうつす、など様々な動作を通して、

私たちに「安心してゆだねる」「ゆだねられる」大切さを教えてくださいました。

動作学習の成果は身体運動の改善だけでなく、行動や対人関係の変化、情緒の安定につながります。

7月30日、31日の夏季集中訓練会では、今日の成果を発揮し、子どもたちと一緒に頑張ります。