今日の落葉集めには、給食を終えた子どもたちがたくさん参加してくれました。

トライやるで中学部はすこし人数が少ないのですが、自分のクラスのために張り切って落ち葉を集めます。

やるぞー あつまった 土管の中

落ち葉集めも今日で7回目!

子どもたちはどこに落ち葉があるかよく見ています。

校舎の周り、特に砂場の周囲は落ち葉がいっぱいです。

昨日の雨で葉っぱが濡れ、集めにくかったにもかかわらず、黙々と集めます。

「なくなったよ」「こっちにいれたよ」あちこちで声が上がります。

子どもたちは、たくさん落ちている落ち葉をゴミ袋にうつしたら満面の笑みを浮かべます。

「散らかった状態」から「きれいに片付いた状態」がひとめで分かるので「やりとげた感」に包まれるのでしょう。

ここにもあるよ 後輩といっしょ いれます

仲間と一緒に同じ活動をしているなかでお互いに作業の様子をちらちらと見ています。

「ぼくもやる!」「ここまでおねがいします」

先生が集めた落ち葉をちりとりで回収する、ゴミ袋の端をもって入れやすくするなど、見て真似ている姿に嬉しくなります。

ここもやろう そっといれます ぼくがもつよ

あと2回で落ち葉集め大会も終わりです。

どのぐらい集まったかな?

実際に計ったときの重さと見た目の袋の多さではちがうかな?

今から子どもたちの様子を想像してワクワクする私です。