ある日、ぞう組に招待状が届きました。

誰からかなぁ?と、子どもたちと見てみると…、

なんと、みんなの憧れの≪小学生≫から!!

上吉川小学校の1年生、2年生が『ともだちいっぱい会』を開いてくれるというのです!

「やったー!」「よっしゃー!」「いぇーい!」ぞう組さん大喜び♪

どんな遊びコーナーがあるのか、招待状に書かれたコーナーごとの名前から、想像を膨らませ心待ちにする子どもたちでした。

 

そして、当日!

◇おもちゃランド◇

進行は、小学生がしてくれます。かっこよく挨拶をしている姿に、憧れの眼差しでした。

コーナーひとつひとつの遊び方を丁寧に教えててくれました。

こども園の子どもたちが困らないように、わかりやすい説明を考えてくれたことがよくわかりました。

  

たくさんのコーナーがあり、ウキウキします♪

どのコーナーもそれぞれのおもしろさがあり夢中で遊びました。

どの子も、全部のコーナーをまわりましたよ!

 

卒園児さんたちの立派な姿も見ることができ、嬉しい限りです♪

 

 

体育館での交流ですっかり打ち解けあった子どもたち。

広い運動場へも案内してくれました。

次はみんなでバナナ鬼です!

「学校のお庭(校庭)って、めーっちゃ広いなぁっ!!」

 

お別れの時間。いつまでも手を振り、見送ってくれました。

小学校就学が近づいていることを感じているぞう組の子どもたち。

交流を通して、小学生への憧れの気持ちを高めたり、小学校の先生に親しみの気持ちを感じたりすることができました。

上吉川小学校のみなさん、小学校生活への期待が大きく高まる1日をありがとうございました!