お月見って実は二回あるのをご存知ですか?

十五夜と、十三夜というものがあります。

大抵は、園でも十五夜の方だけ楽しむのですが、

今年のよかわこども園は、ご縁があって、十三夜のお月見会もあったのですよ!

 

■まずは、十五夜のお月見会から

ほぼ毎月来ていただいている、食育ボランティア「おせっかいおばさん」が

9月に来られた時に、お月見にまつわる内容をしてくださいました。

  

      いつもの手品コーナー。今回は、こども園の先生も参加!

  

             お月見のお話のペープサート

なんと、その後には・・・

  

    おせっかいおばさんたちが鍋でぐつぐつ・・・お月見だんごです!

  

  「どうぞ食べてくださいね」      お豆腐が入っていて、

                     とってもやさしい、おいしい味でした

  

 ススキと萩を飾って、お月見気分♪     おかわりの大行列ができました!

  

           小さいお友だちは保育室で食べました!

おせっかいおばさんの皆さん、どうもありがとうございました!

 

■では、十三夜のお月見会は?

山田錦の郷で行われた10月21日(土)のイベント、「十三夜お月見会」のパンフレットに・・・

         

「たけとり物語」の朗読のところに、”よかわ認定こども園のあの先生が読んでくれるよ♪”という文が!

えっ?あの先生?誰?

         

          なんと、この先生たちでした(^^)

         

"あの先生"効果(!!)もあって、

よかわこども園のお友だちが何人も見に来てくれましたよ!

たくさんのお客様がにこやかに耳を傾けてくださり、

とても和やかなひとときでした。

 

こんな機会をくださったTHIS IS MIKIの皆様、

どうもありがとうございました!