6月のある日のこと。

朝から遊戯室がごそごそ、がやがや・・・何だか賑やかです。

どうしたのかな?と覗いてみると・・・

ぞう組のみんながお店屋さんの開店準備をしていました!

これまで、お部屋で廃材を使って作ってきた品物が

テーブルにずらりと並んでいましたよ。

  

    おもちゃやさん           おりがみやさん

  

    たべものやさん             くじびき

 

すると、続々とお客さんがやってきました。

みんな手にはお財布とお金を持っていますよ!

これは、ぞう組さんが事前にお客さんの数を自らメモを持って

各組を回って64人分のお財布とお金がいることをリサーチし、

みんなの分を作ってくれていたのでした!

■くま組

  

■りす組

  

■きりん組

  

■ぱんだ組

  

お陰様で大・大・大盛況!

みんな大喜びで帰っていきました(*^^*)

ぞう組さん、大満足で分かち合いをしていました!

この分かち合いはとっても大切です!

自分たちのしたことを振り返り、感じたこと、考えたことを

心の中に落とし込んでいくのです。

そして、仲間と認め合う場にもなるのです!

 

最後に・・・

ずっと店員をしていたぞう組さん、

最後は先生が店員になって、ぞう組さんたちがお客さんになっていましたよ!

  

とっても充実したひとときでした★