今年度初めて、5歳児の書道教室が行なわれました。年長だけができるということで大はりきりの5歳児!!

ドキドキしながら、この時間を迎えました。「よろしくおねがいします!!」挨拶もきちんとすることができました。

1回目の書道教室ということで、まずは箸の持ち方から教わりました。お箸が正しい持ち方ができれば、鉛筆も正しい持ち方ができるし、小さな物もつまめます。箱に入った大豆などを箸でつまんでみる練習をしました。みんなそれぞれ真剣そのもので、集中して豆をつまんでいました。「これ、家でも練習する!」とはりきっている子が、たくさんいました。

  書道の先生の話を聞くこどもたち  おはしの持ち方を習う子どもたち  正しいおはしの持ち方を習う様子

  自分で持ち方を確かめる様子  先生におはしの正しい持ち方を教わる様子  おはしで豆をつまむ練習の様子

  おはしで豆をつまむ練習  みんなの前でおはしの持ち方披露  みんなの前でおはしの持ち方披露

   みんなでじっくり箸の練習をしたあとは、何人かの子どもたちは友だちの前で今日の練習の成果を披露!!

「○○くんのお箸の持ち方、上手だね」と手を上げて認めてもらい、自信につながっている子もいました。

これからの書道教室が楽しみです。