3歳児さんは初めて『片栗粉粘土』という遊びをしました。

  作り方は超簡単!!ご家庭にもある片栗粉に少しずつ水を加え、こねるだけ。

  「魔法の水をいれて、まぜまぜしまーす!」手が汚れても嫌がることなく、まるでパン?そば?でも作るかのように

  無心になってこねていました。この片栗粉粘土、ちょっと不思議な感触がして握ると固まり、力を抜くととろっと

  とろける。触れば触るほど、くせになるようで長い時間集中して遊んでいました。

  片栗粉と水を混ぜる様子  片栗粉を混ぜている様子  片栗粉を混ぜる様子

  片栗粉粘土をこねる子どもたちの様子  片栗粉粘土をこねる子どもたちの様子  片栗粉粘土をこねる子どもたちの様子

      片栗粉粘土をこねる子どもたちの様子  片栗粉粘土がのびだした様子  片栗粉粘土が伸びる様子を見ている子どもたち  とろとろの片栗粉粘土の感触を楽しむ子どもたちの様子

 

 

  とろとろした感触を楽しんでいる子どもの様子  片栗粉の感触を楽しむ子どもの様子  

   たらりとたらしたり、ぎゅっと握って固まったものをもちあげたり・・・今度はピンクや緑、黄色の色をつけ、

  「アイスみたいやな」「ピンク好き~」「めろん味みたい」色をつけて楽しみました。

 

  片栗粉粘土に色をつけている様子  片栗粉粘土に色をつけている様子  色つきの片栗粉粘土を楽しむ子どもたち

  

  片栗粉粘土をスプーンですくってみる様子  片栗粉粘土をスプーンですくっている様子

  スプーンでもすくって遊び、十分堪能した3歳児さんでした。