10月6日に「こどもミュージアムプロジェクト」で、5歳児が描いた絵でラッピングしたトラックがついに

  こども園にやってきました!なんと合計4台ものトラックが来たので、こどもたちは大喜び!

  描いた絵が全部トラックにラッピングされていたので、5歳児はさっそく、自分の絵探しです。みつけると、

  「やったーー!」「僕のん、これ」「私の絵、ここにあったー!」とお互いに報告していました。

        

       前回トラックを見学できなかった0・1歳児の子達も、大きなトラックに圧倒されていました。2・3・4歳児の

  子ども達も前は真っ白だったトラックを思い出しながら、「年長さんの絵がくっついとるな」「めっちゃ かわ

  いいな~」「おっきいな~」と眺めていました。

  2歳児のこどもたちは、トラックの横に並んで長さも体で実感。

  西日本ロジスティクの竹中社長は「このトラックの絵のおかげで、周りの車も安全運転になっている。

  やさしい表情でトラックを眺めてくれている。あおり運転もなくなった。」と教えてくださいました。

       

     

   最後には、西日本ロジスティクのみなさんからの『手書きのメッセージ』もいただきました。

  ラッピングカーは交通安全を願うみんなの気持ちがこめられ、道行く人を笑顔にしながら、これから走っていきます。

  もし出会ったら、ほっこり心温まる絵を見てみてくださいね。