4・5歳児で楽しんだお楽しみ会!「小さい子にも楽しんでもらおう!」ということで、1・2・3歳児も招待することになりました。

5歳児たちは前回、4歳児に説明した『すみれ・あじさい商店街』のお店の時より、もっと説明を丁寧にしないと楽しみ方がわからないのでは?ということで、相談をもう一度しました。

  

  

 『てっぽうやさん』では、丁寧に輪ゴムをてっぽうにつけてあげたり、「ここに当てるねんで」と説明したりと前回よりも丁寧な接客。特に男の子に大人気でした。

  

 

 『わなげやさん』では、1歳児の子が遊び方がわからず、わなげのわっかを投げずに的を触っても怒らず、「ポイってしてみ~」「こうやるねんで」と根気強く教えていました。

  

 

 『さかなつりやさん』『ゲームやさん』でも、釣竿を調節してあげたり、ゲームの説明を丁寧にしてあげたりと前回よりも丁寧な接客でした。

  

 

 『レストラン』では、注文がしやすいようにメニュー表をテーブルに用意して、どんなメニューがあるのかをわかりやすくしました。また、食べ物の置き方も丁寧に・・・。「小さい子がびっくりしたらあかんから」だそうです。しっかりした3歳児が「あれ~?このハンバーガー、ポテトついてないの?」と、注文。さすが、よく知っています。

  

 

 前回女の子に圧倒的な人気があった、『変身やさん』今回は、「僕も来てもいい?」と男の子のお客さんもきてくれました。

  

 

 『ボーリングやさん』は前回よりも呼び込みに力を入れ、さらにお客さんにきてもらおうと頑張っていました。そしてピンが倒れた時の一緒に喜んでくれる姿は本当に素敵でした。

    

 

 『金魚すくい』では何度も使って、ふやけてきたポイや金魚を修理し、お客さんもたくさんで盛り上がっていました。

  

 

 お楽しみ会当日、休んでいた5歳児が「これしてあげたい」と、金魚すくいをしてくれたお友達に、特製のメッセージカード?のようなものをくじ引きで、プレゼントしていました。

 

『すみれ・あじさい商店街』が閉店した後、5歳児でわかちあいをしました。それぞれ、「いっぱいお客さんが来てくれてうれしかった」「楽しんでくれてよかった」と、大成功の『すみれ・あじさい商店街』でした。