「正しいえんぴつの持ち方ができますか?」

 

 公民館で書道を教えている『高橋先生』が聞いてくださいました。

みんなドッキリでした。

そこで、高橋先生をお迎えして、教えていただくこととなりました。

元気者の5才児もドキドキ緊張しながら習いました。

まず、1回目には正しいおはしの持ち方。

2回目には正しいえんぴつの持ち方。

  

 どのあたりをどのように持つのか、みんな真剣な表情で聞いていました。

  

 持ち方がわかってきたら、次は紙へ実際に線を書いてみることに。

  

 「手の横がかるく机にあたるように、スーーーと書くのよ」とアドバイス

をうけ、マス目のような線をかいてみたり、ジグザク線を描きその頂点を結

びながら、橋のような線をかいたり、丸をくっつけてかいてみたり。

みんなそれぞれ、自分なりにきれいな線をかくことができました。

  

 持ち方だけでなく、姿勢も正しくするのは大事だということも知りました。