三木市中学校特別支援学級交流会が開催され、わかば学級とつばさ学級の生徒が参加しました。
三木勤労者体育センターで開会式、交流タイム、ゲーム大会を行い、他校生と交流を深めました。
ゲーム大会では、本校生徒がリーダーとなって「〇×クイズ」を行い、和やかな時間を過ごしました。
その後、三木金物資料館、堀光美術館を見学して、郷土文化について学習しました。

みんなの前で自己紹介         グループごとにバスケットボールや散歩、なわとびなどで交流
  
  

東中がリーダーで進めたゲーム大会