阪神淡路大震災から26年目を迎えようとしています。
そこで、本日、地震を想定しての避難訓練を行いました。今回は、休み時間に地震が発生したという設定で行いました。
トイレに行こうとしていた子、運動場にでようしていた子、教室で友だちと話をしていた子。

 

地震発生の放送を聞き廊下で、自分の頭を守ってじっと座っている子、教室で、机の下に入りしっかり机の脚を持って頭を守っている子。
子ども達は、事前に学習していた「自分の命を守る行動」をとりました。

 


運動場に避難する 避難する様子 

校長先生のお話
「命を守るために、『自分で考え、判断し、行動すること』が大切です。」
東日本大震災の時には、自分の子どもが心配で家に身に帰ったお父さん、お母さんが
たくさん津波に飲み込まれて亡くなりました。
自分で自分の命を守ることができること、お家の方と災害が起こった時にどうするかを話をしておくことが
大切な人の命を守ることになります。

校長先生のお話 

子ども達は、教室にもどって避難の仕方を振り返りました。
どんな時でも、命を守る行動がとれるようにこれからも訓練を行っていきます。