兵庫教育大学の加藤准教授をお招きして、3年生の算数科「重さ」の校内授業研究会を行いました。
模擬授業をして、されに修正をしての授業研究でした。
子ども達は、お道具箱の重さを1kgの砂袋や100gの1円玉袋と比べながら予想を立てました。
そして、正確に重さをはかるには、2kgまではかれる秤、1kgまではかれる秤、500gまではかれる秤の中からどの秤を使えばよいかを考えました。
授業の様子 授業の様子 授業の様子 

その後、いろいろな重さを予想しました。
授業の様子 授業の様子

事後研修会では、問題提示の仕方や子ども達の思考の流れをつなげていく手立て等について話し合いを行いました。
講師の加藤先生からは、重さの量感を持たせることの難しさや論理的な思考を培うことの大切さを教えていただきました。
事後研修の様子 事後研修の様子 事後研修の様子