11月21日(木)8:25

体育館でミュージック集会を行いました。「赤とんぼ」の歌を歌いました。

「赤とんぼ」の歌詞の意味をくわしく聞きました。

100年くらい前に作られた歌ですが、当時の日本は、蚕のえさの桑をたくさん作っていたことも歌詞にあります。

赤とんぼ

 夕焼、小焼の、あかとんぼ、負われて見たのは、いつの日か。

山の畑の、桑の実を、小籠(こかご)に、つんだは、まぼろしか。

十五で、姐(ねえ)やは、嫁にゆき、お里の、たよりも、たえはてた。

夕やけ、小やけの、赤とんぼ。とまっているよ、竿の先。

 

歌詞の意味をかみしめながら、もう一度「赤とんぼ」を歌いました。

中庭に桑の木があります。