2月27日(水)

3年生が環境体験で育てた黒豆を、豆腐にしました。

まず、水に一晩浸した黒豆をミキサーで撹拌します。

撹拌

次に、鍋に入れて加熱します。

焦げないように、底から大きく混ぜます。

加熱 

途中、泡が出てきたら、協力してすくいます。

泡をとる

しばらくしたら、さらし布袋に入れて、豆乳おからに分けます。

絞る

豆乳を飲んでみました。砂糖の甘さではない、豆本来の甘さがありました。

豆乳試飲

そのあと豆乳を加熱し、にがりをうちました。

だんだんと固まってくるのを不思議そうに見ている子もいました。

にがりをうった 観察

大体固まったら、さらし布を敷いた木枠に入れます。

早く中を見たい!と楽しみな様子でした。

木枠に入れる 水気を切る

 

その間に、おからを使って、おからクッキーを作ります。

生地をまとめていきます。

生地作り 丸める

その後、形を整えて、焼きます。

成形 成形

うまく焼き上がり、おからまで美味しくいただくことができました。

試食 試食

 

豆腐もよく固まっていました。

豆腐完成 

給食時に醤油をかけていただきました。

いつものより美味しい!という子もいました。

ふわふわで優しい味のする黒豆豆腐でした。

切った豆腐 豆腐試食

色々な形で口吉川の黒豆に触れて、少しは地域の特産に親しめたのではないかと思います。

これからもふるさとを大切にして、育っていってほしいと思います。