10月21日(月)

3年生は総合で黒豆の学習をしています。

今回は大豆の加工ということで、醤油工場へバスで見学に行きました。

醤油について詳しく聞いた後、ビデオで醤油のひみつを知りました。

説明を聞く

広い工場内を見学させていただきました。

この地域のきれいな水を使いたいから、龍野にしか工場がないそうです。

水がきれい

醤油を入れる大きなポリタンクがありました。

重さを量る場所もあり、みんなで乗ってみました。

大きなタンク みんなの重さ

醤油になる前に熟成させるタンクは、とっても大きい!

タンク

ちょうど研究用のものが、ベルトコンベアで運ばれていました。

日々研究されているそうです。

研究用

大豆の貯蔵タンクも大きい!一週間ほどで使ってしまうそうです。

タンク

醤油作りで欠かせない塩は近くの赤穂の塩を使っているそうです。

1000キロはみんなの力ではビクともしません。

塩

中に入ると、この工場での醤油作りに必要な、大豆、小麦、塩、米が展示されていました。

工場の中 材料の変化

それを仕込んで熟成させると、色が濃くなっていました。

熟成 醤油ができるまで

その他にも、地元の原料を使ってあることや、工場排水をきれいにしてから川に還していること、

地元の素材 きれいな水

工場内での空気もきれいにしてから排出していることなどを教えていただきました。

工場の外ではほとんど醤油のにおいがしませんでした。

空気清浄

醤油を詰める場所では機械が大活躍していました。

中の様子はモニターで確認できます。

工場の中 モニターで確認

ラベル貼りの様子などを興味をもって見ていました。

ラベル

公園でおいしいお弁当を食べました。

お弁当 お弁当 お弁当

まわりを散策すると、水のきれいな川や、醤油の自動販売機を見つけることができました。

自動販売機

醤油についてたくさんの学びがあった一日でした。

集合