9月12日(木)

近藤 絋子先生の講話

先生は、戦争の恐ろしさ、平和の大切さを伝えるため日本中、

さらには外国にも講演活動に行かれています。

広島に原爆が投下された8月6日の出来事を、

自身の経験を交えて、くわしく話していただきました。

 

子どもたちに呼びかけ、子どもの話も聞きながら進めてくださいました。

話が進むにつれ、子どもたちは身を乗り出し食い入るように

聞き入っていました。

 

エノラゲイの副操縦士の話、命令を実行したパイロットの後悔を語るとともに、

近藤先生が憎むのは、パイロットではなく、人間の心にひそむ悪い心だということに

気づいたということを熱く語ってくださいました。

豊地小学校の6年生とも、しっかりと事前学習をしました。