9月8日(火) 

3年生が毎年行っている環境体験学習での黒豆づくり。今年は、コロナの影響で、種まきができませんでしたが、殿畑営農組合さんが植えてくださっていた黒豆がどんなふうに育っているのかを見に行きました。

黒豆のお話を聞く児童

 

上からは見えませんでしたが、葉の下にはたくさんの黒豆の赤ちゃんが!

これから10月にかけて、さやの中で黒豆がどんどんと膨らんでいくのです。

葉の下にたくさんのさや

お話を聞いて、一生懸命にメモを取ります。

お話を聞いてメモを取る児童

 

広い広い黒豆畑。ここからたくさんのおいしい黒豆が収穫されます。

そのために、水や肥料の調整・病害虫の駆除など、さまざまな手をかけて育てておられることがお話を聞いてよくわかりました。

 

やはり、実際に見てみると、たくさんの学びがあります。

このまま順調に育ちますように!