福祉学習で車いす体験をしました。

 

実際に車いすに乗ったり、介助をしたりすることでいろいろなことを感じることができました。

「少しの段差でもすごく力がいるな。」

「介助をする人は乗っている人の支えになっているんだね。」

「思うように動かせなかったから、不安になったな。」

 

「いつも当たり前のように歩いているところも、車いすに乗ると力が必要でとても大変だった。」

「介助はとても大切なんだな。もし、困っている人がいたら助けたいな。」

 

これから、車いすやアイマスク・点字など福祉体験を通して学んだことを活かして、福祉新聞を作成していきます。