9月25日(金)に、三木市役所のかなもの振興係の先生を2名お招きし、金物体験を行いました。

三木市がなぜ、金物の町になったのか。どんな金物があるのか。といった歴史のお勉強から

実際に、肥後守を使って、鉛筆を削ることもしました。

初めて肥後守を触る、という児童も多く、緊張した様子で、鉛筆を削っていました。

最後には、竹を削って、竹とんぼを作りました。

昔ながらのおもちゃに興奮気味に遊んでいる姿がありました。