着衣泳をしたよ

 7月16日、大変よい天気の中、着衣泳をしました。6月から始まった水泳学習は、水の中で命を守るための大切な学習です。着衣泳は、その学習のまとめです。

 まずは、服を着たまま水の入り、歩いてみました。子どもたちは、服が体にぴったりとくっついて歩きにくかった。プールから上がる時は体がとても重く感じた。と感想を言っていました。

着衣して水中を歩く  着衣して水中を歩く2

 次にバタ足で泳ぎました。バタ足する足がとて重かったようで、あまり進んでいませんでした。

着衣してバタ足 着衣してバタ足

 最後にもし服を着たまま水中に落ちてしまった時は…とにかく息ができるようにして浮かぶ。助けが来るまでは、あまり動かずに力を抜いて浮かぶのがよいのです。しかし、ただ浮かぶのが難しそうでした。

水中で浮かぶ 水中で浮かぶ2

 夏休み中、水の事故で命を落とすニュースを見たことがあります。自由が丘小学校のみんなが悲しいことにならないように、水があるところでは、一人で近づかず、大人の人と一緒に行きましょう。万が一水に落ちてしまうことがあれば、今日の学習を思い出してほしいと思います。今日の学習で思ったことや感じたことを忘れずにいてください。