3日(水)に全校朝会がありました。子どもたちが楽しみにしている夏休みも目前ですが、残り少ない1学期の締めくくりを頑張ってほしいと思います。

今回は3つのことを子どもたちに話しました。

(1)梅雨は雨の日が多くなります。登下校時の歩き方、池や溝など増水した危険な場所には近づかないようにしましょう。また、梅雨の雨により、農作物や私たちの生活に欠かせない大切な水を確保することができます。外で活動できないことも多くなりますが、季節がある日本ならではのこの時期を楽しみ方を考えましょう。

(2)「自分から進んであいさつをすること」や「安全にルールを守って登下校すること」など、1学期の生活を振り返り、学習はもちろん、生活の中で取り組んだことはこれからも続けていきましょう。また、まだできていないと思うところはチャレンジしてみましょう。どんなことでも、継続すると自分の力になるのです。

(3)7月1日、三木市は市制65周年を迎えたということ。私たちの生活するふるさと三木の歴史、歩みについても関心を持ってほしいと思います。

陸上大会の表彰式も行いました。