「『読む』に親しみ『読む』を表す」

 5年生の書道の課題は「読む」でした。

「読む」ことには日頃から慣れ親しんでいるけれど、習字で表現するのは初めてです。

めあて:文字の大きさを考えてバランスよく書こう!

 

   

〔 素晴らしい集中力で1枚1枚書き上げていきます! 〕

「言」の横画の幅に気をつけて筆を運んでいる姿がありました。「売」のはらいやはねの力強さが出るように筆を運んでいる姿がありました。

「む」のむすびの強弱を表そうと慎重に筆を運んでいる姿がありました。一人一人が、めあてを大切に集中している姿が素敵です!

 

 力作がズラリ!

 一人一人上手に書けたという見逃せない「アピールどころ」があります。一生懸命作品に向き合ったからこその「アピールどころ」です。

 一生懸命伝える姿がほほえましくて、素敵です!