4年生の図工です。

2学期はじめに作成した自分色紙をもとに、

物語の主人公を考えました。

 

「薄い色のマーブル柄を、顔と鼻に使おう」

ハサミできれいに切り取りました。

 

 

「右手と左手は別の模様にすればおもしろいかな」

左右非対称にして、作品の面白さを追求しました。

 

 

「目の色はこれにしよう!」

細かい部分は濃い色で作った紙を使いました。

 

 

「ストローを使って作った模様は、顔や足にぴったりだ!」

色紙の模様を生かして切り取り、貼り付けました。

 

 

やさしい雰囲気が出ていますね。

 

 

遂に完成!

不思議な主人公が出来上がりました。

すごいインパクトがありますね。

 

奥に隠された物語を子供たちは話してくれました。

『タイトル』を見ると「なるほどと!」と、

さらに見る側の想像力をかきたててくれます。