三木市消防署の方に来ていただき、身近な人を助ける方法を教えていただきました。

 まず、感染症対策として、手洗いとアルコール消毒の方法をしっかり教えていただきました。そのあと、人形を使って、メトロノームの音に合わせて心臓マッサージの練習をしました。深く押すこと、速さを合わせることがとても難しかったようです。

  

 そして、人を呼ぶ大切さも学びました。一人では続けられないことも、二人以上いると交代でできる可能性があります。さらに、AEDが学校のどこに置いてあるのか、確認したあと、その使い方についても学びました。

 

 学んだことは自信につながります。

 何かあったら、人を呼んだり、自分ができることはないか考えたりして、人を救えるようにしたいという感想を言っていました。