5年生の書道の課題である「実りの秋」は、まさに今の季節にピッタリの言葉です!

「実」(漢字)で始まり、「秋」(漢字)で終わり、中にひらがなの「り」と「の」が入ります。

「『漢字』より『ひらがな』を小さく書く」ことがポイントということを確かめ合って、どんどん練習しました。

 めあて:配列に気をつけてバランスよく書こう! 

〔 納得のいく「実りの秋」の清書を前に 〕

 一つ一つの文字が丁寧に書けています。漢字の形、特に「右はらい」「左はらい」が素晴らしいです。

 練習の時間に引き続き、この時間(清書の時間)の取り組み方も、作品も全て「実りの秋」そのものといえます。