理科の学習で流れる水のはたらきについて学習しました。

雨の日、運動場に流れる水や川に流れる水など、流れる水は身近にあります。

そんな流れる水についてはたらきを調べるために、実際に実験をしました。

 

 運動場の砂山にみぞをほり、実際に水を流すと

 地面の様子に変化がおこりました。 

 みぞのカーブの外側は深くけずれていき

 内側は土が積もっていきました。

 

 

 

その様子を見た子どもたちから、「おお~!」と驚きの声が聞こえてきました。

中には、みぞがうまくほれず、何回もやり直す班もありましたが、

全員が、この学習で流れる水の3つのはたらき(しん食・運ぱん・たい積)を確認することができました。

実際に実験をし、自分の目で確かめることは大切だと感じました。