ぽっかぽか週間(校内人権週間)の取組1「『ぽっかぽかの花』をいっぱい咲かせよう!」

 「誰もがかけがえのない大切な存在であると感じることにより、自他を大切にする心情を育てること」「互いに励まし合い、支え合う温かな関係を築き、共に生きていこうとする態度を育てること」をねらって、今日から「ぽっかぽか週間(校内人権週間:10月28日〔水〕~11月13日〔金〕)」がスタートしています!

 ふれあいホールに「ぽっかぽかの木」が出現!

 

〇ぽっかぽか集会にて

 

 校長先生から「自分や友達のいいところをいっぱい見つける心を持ちましょう。そして、みつけたいいところを花に書いてみんなに知らせましょう。この『ぽっかぽかの木』がみんなが自分や友達のいいところを紹介した『ぽっかぽかの花』でいっぱいになることを楽しみにしています。」というお話がありました。

 「友達のよさ」を書いたり、友達に「自分のよさ」を書いてもらったりすることを通して、自分や友達のいいところに気づいたり、再発見したりする機会となっています。今年も、自己肯定感を高めるとともに、自他のよさを認め大切にし合える心情を育んでいけるよう取り組んでまいります。

 

 保護者・関係者の皆様に来校いただく11月5日(木)ふれあい道徳参観日の頃には、きっとたくさんの「ぽっかぽかの花」が咲きほこっていることと思います。楽しみに足をお運びくださいね。