4月7日 6年生12人との始まりです。

 みんなに1枚ずつ「宝のカード」をプレゼントしました。そしてその言葉を集めて、暗号が解けるかどうか、チャレンジしました。あちこちから、声が聞こえてきて、少しずつ言葉ができていきました。

 みんなで見つけた言葉は

「なかまとともに 今を生きる」

       

 12人の仲間とともに、最上級生として頑張ろうという気持ちで、出会いの日を締めくくりました。

 そして今の6年教室は・・・

   

 教室は、とても静かです。みんなの日番カードが黒板に貼ってあります。後ろには「あいあいタイム」のめあて・ふりかえりカードを掲示しています。

 「今を生きる」ってどういうことなのか、じっくり考えてみると、「今」をとても大切に生きることができると思います。心はつながっています。

 先生たちはみんなを待っています!

 教室もみんなをまっています!