なるほどシリーズ4「だから植物は花を散らせるんだね!」

東吉川小学校の中の「花びらのない花を咲かせる種類の植物」は何かわかったかな?

 それは、運動場にある「いちょうの木」だよ。それから東吉川小学校のシンボル「カイヅカイブキの木」もそうだよ。

「虫以外で『おしべ』の花粉を『めしべ』につけるお手伝いをしてくれる生き物」は何かわかったかな?

 それは「小鳥」だよ。ちゃぽちゃぽ池の周りにある「梅の木の花(花びらがあるよ)」の蜜を吸うために来ているメジロがいるよ。

 メジロが花から花へ飛び移りながら蜜を吸うことで、花粉をつけるお手伝いをしてくれているよ。

 「おしべ」の花粉がつくことで「めしべ」が「梅の実」となって、その実を使った「梅シロップ」作りや「梅ジュース」作りは、

東吉川小学校高学年のみんなの毎年の恒例行事となっているね。      

           

 なるほどシリーズ4では、校長先生からの2つ目のお題(4月17日「植物は、せっかく咲かせた花(びら)を

なぜ散らしてしまうのでしょう?」について考えていくよ

 

〇「おしべ」の花粉が「めしべ」につくと「めしべ」に変化が!

(左)チューリップのめしべ (右)サクラのめしべ

 

共通点(どちらにもあてはまること)に目をむけよう!

 どちらも「おしべ」や「花(びら)」や花びらを支えていた「がく」が散って「めしべ」だけが残っているよ。

 どちらも残った「めしべ」は、ぷっくりしているよ。ぷっくりしているのは、種を作るじゅんびをしているからだよ。

 

 つまり、植物にとって大切な種を作るために「めしべ」が残り、「おしべ」「がく」「花(びら)」は必要がなくなったということだね。

「だから、植物は花を散らせるんだね!」といえそうだ!

 東吉川小学校のみんなは「だから植物は花を散らせるんだね!」といえる理由を他にも見つけることができたかな?

 それをぜひ、みんなで伝え合おうね。また、校長先生にも知らせにいこうね。そして、みんなで『なるほどの輪』を広げよう!

 

ちょっと「豆知識」:チューリップの「がく」と「花(びら)」は同じ形をしているよ!

   

「サクラ」や「ビオラ」と比べてみると、よくわかるね!

チューリップ(左)は、外側の「がく」も内側の「花(びら)」も同じ色で同じ形をしていて

「がく」も同じだけ目立っているよ!

サクラ(真ん中)・ビオラ(右2枚)は、「がく」が「花(びら)」を目立たせ、しっかり支えるようについているよ!

 

東吉川小学校には、「花(びら)」より何倍も大きくて、まるで花(びら)のような「がく」を持つ植物が存在するよ!

それは、(     )だよ。   ヒントその1:植える場所によって色が変わるよ!・ヒントその2:雨の季節がとても似合うよ!

→答えは次の「なるほどシリーズ5」でお知らせするよ!

 

 次の「なるほどシリーズ5」もお楽しみにね!