先日、4年生は「認知症」について学習しました。

三木市で社会福祉士としてお仕事をされている講師の方をはじめ、市民グループの「みどりほっとクラブ」の方など5名の方が来てくださり、スライドや寸劇、道具を使うなどして、「認知症」について教えていただきました。

 

  

  

  

 

 認知症は、誰にでも起こる病気であること、少しのサポートがあればできることはいっぱいあること、脳の「記憶のつぼ」の話、「3つのない」(驚かせない・急がせない・心を傷つけない)の話など、わかりやすくお話していただきました。

 

「心はみんなと一緒」

助けてもらったらうれしいし、安心するのはみんな一緒なんだということが心に残りました。

 最後に、認知症の学習をした立派なキッズサポーターということで、プレゼントまでいただきました。

寸劇で、おじいさんに優しく寄り添う子どもたちの姿を見て、心が温かくなる素敵な時間となりました。

講師の皆様、子どもたちの学習にお力添えいただき、ありがとうございました!