6年生は、講師先生に指導をうけて、令和チャレンジとして、書道パフォーマンスを体験しました。

学校の書写で学習する書とは、ひとあじ違うアートな書の世界です。

筆のはか、刷毛や藁を束ねたもの、さらには新聞紙を丸めたものまで文字を書く道具になることに子ども達は驚きの様子!!

思い思いに、道具を使い、自分の大切に思っている思いを文字で表現していきました。

  

「こせこせするな うまい字を書くな 迫力ある字を書け」

上田桑鳩先生の言葉を胸にダイナミックな書の作品が出来上がりました。

卒業式の門出に、会場に飾る予定です。