5年生初めての図画工作科の時間に取り組んだ作品「森で見つけた不思議な木」をわらペンを使って描きあげました。

 まずは、白い画用紙全体に水をふくませ「絵の具」を使って『にじみ』を表現します。

 

 そして、おまちかねのわらペンの登場です。

 墨汁をわらペンに含ませたら、さっきの『にじみ』の上に、想像した木を描きます。

 

 迷うことなく、ぐいぐいとわらペンを運んでいきます。

 

 そして、ダイナミックな作品がしあがりました!

 作品は、教室掲示板に掲示中です。参観日に来校された時に、ぜひご覧ください!