1月の全校朝会「校長先生のお話」

 1月もはや中旬を過ぎました。朝の寒さも厳しくなっていますが、東っ子たちは本当に元気です。

 朝会が始まる5分前には、もう全員が体育館に入っています。ソーシャルディスタンスのとり方も、上手です。

 いいタイミングで、東っ子6年生の司会者(毎回、交代)が朝会をスタートさせていきます。

 

   校長先生と対面してのご挨拶。落ち着いた態度と所作でのぞむ東っ子たちです。

 

〇校長先生のお話

  

  新型株が猛威をふるってきている今だからこそ、基本となる感染拡大を予防する兵庫の生活様式「ひょうごスタイル」について見直すとともに実践していきましょうというお話がありました。

  次に、2月20日の閉校式に向けての「心構え」や当日の児童発表に向けての「願い」について、伝えてくださいました。

 お家の方・地域の方だけでなく、たくさんの方が東吉川小学校の閉校を見とどけてくださろうとしていることを知り、嬉しい気持ちになったり、気持ちを引き締めたりしながら聴き入る東っ子たちの様子が印象的でした。

 

〇司会(6年生)によるまとめ

 校長先生の「願い」を受けとめ、毎日を過ごそうとしている姿がありました。