劇団四季による「はじまりの樹~こそあどの森の物語~」を観ました。岡田淳さんの原作「こそあどの森の物語 はじまりの樹の神話」をもとに、3年かけて創られた劇でした。初めて、ミュージカルを観た子が多く、歌とダンスのすばらしさに驚いていました。

 

 *「生きるって」の歌を聞いて、生命はつながっているんだなあと思いました。

 *スキッパーはこの経験から、みんなと関われるようになって、進化(成長)したんだなあと思いました。

 *この話は「生きることは大切だよ」というのを伝えたいのだと思う。

 *その人のサイズに合った衣装をつくるので、すごいと思いました。

 *ホタルギツネ関西弁がおもしろかった。

など、たくさんの感想を書いていました。

 観たことがない劇をみて、みんな感動していました。