2学期の習字の時間を1学期以上に楽しみにしていた東っ子3年生たちです。

 北播書道展の課題にもなっている「水玉」に挑戦しました。

 「水」を書くには、「たて」「はね」「おれ」「はらい」の筆運びが必要です。

 「玉」を書くには、「よこ」「たて」「てん」の筆運びが必要です。

 さらに、二文字をバランスよく書くことも必要です。

 

○今日のかだい:「水玉」

めあて:筆運びのポイントに気をつけて書こう

 難しそうと思いながらも、「難しい分、やりがいがあるぞ!」と取り組む姿が素晴らしい東っ子3年生たちです。

 教頭先生からのアドバイスをいかしたり、互いに見せ合い、いいところを交流し合ったりしながら書き進めていきました。

 

 

 書いていくうちに、自分の得意な筆運びもあれば、苦手な筆運びもあることがわかりました。

 そして、特に苦手な筆運びについて向き合い、ねばり強く書き進む姿が共通していました。

 

 力作がそろいました!

 「水」の「入り」の穂先の向きに気をつけて書けています。「はね」が力強く「はらい」がのびやかです。

 「玉」の「よこ」の空間に気をつけて書けています。「たて」にスピード感があります。

 一生懸命書けたことも、特に気をつけたところを一生懸命伝えられたことも素晴らしかった東っ子3年生たちです。