東っ子4年生たちの次の習字の課題は「はす」という、ひらがな二文字です。

 共通しているのは、「は」にも「す」にも「むすび」が入っていることです。

 

  簡単かな?難しいかな?

 筆を浮かせながら運んでいくことで、しなやかな「むすび」となることがわかりました。

 めあて:「むすび」の筆運びに気をつけて書こう

 

 

  ほ先に神経を集中させて、筆を運んでいきます。真剣なまなざしも素敵です。

 書き上げるごとに「上手く書けた!もっと上手く書くには・・・。」「惜しい。次に気を付けたいところは・・。」と、ふり返っては、どんどん作品を仕上げていきました。

 

 力作がズラリ

 何回も挑戦し、書くことを通して「むすび」を書く時に気をつけるコツを得たことが「特に気をつけたこと」の発表にも表れていました。

 「は」の筆運びのポイントは「ま・よ・ほ」にも共通します。また、「す」の筆運びのポイントは「む」にも共通します。

 他にも「お」「な」「ぬ」「ね」「み」「る」等にも、気をつけるコツを活かそうとしている姿が素敵な東っ子4年生たちです。