自然学校にむけて「保護者説明会を開催しました!」

 間もなく吉川小学校と合同実施する「自然学校」が始まります。 

 自然学校は、昭和63年にスタートした兵庫型「体験教育」の一つで、豊かな自然の中で仲間とふれあい、普段できない体験活動に取り組むことを通して「自立すること」「心の調和を図ること」を目指しています。兵庫県独自の取組としても、全国的に注目されている取組です。

 2年前までは、4泊5日寝食をともにする中での活動としていましたが、昨年度はコロナ感染症予防対策もあり、泊をともなわない2日間での活動となりました。

 今年度は、期間は短縮されますが、泊をともなう3日間(10月20日~22日)を予定しています。

 学年のみんなで泊まれること、3日間一緒に活動できること、それから吉川小学校の5年生との再会も楽しみにしている東っ子5年生たちです。

 

 自然学校を間近に控えた10月8日に、自然学校保護者説明会を開催しました。

  

    校長より、自然学校での成長に期待することや感染症対策について、お話させていただきました。

  5年生担当より、日程や活動内容、宿泊場所、持ち物等について、プレゼンテーション形式で詳しく説明させていただきました。

 また、養護教諭より、保健関係についてお伝えさせていただきました。

 

 東っ子5年生たちは、主に生活の拠点となる三木ホースランドパークでの活動「ホーストレッキング」「アウトドアクッキング」

 「キャンプファイアー」を心待ちにしてているそうな。また、兵庫県立海洋体育館に出向いて行う初めての「カヌー体験」も楽しみで仕方ないそうな。

 

 吉川小学校と連携し、準備期間を含め、3日間の活動が両校の子どもたちにとって有意義なものとなるよう進めてまいります。

 保護者の皆様には、当日までの体調管理をはじめ、持ち物の準備への支援等、大変お世話になります。よろしくお願いいたします。