ブックママさんによる読み聞かせ第2回「7月の巻」

 東吉川小学校では、多くの地域の方がボランティアとして東っ子たちの成長に関わり、支え続けてくださっています。

 毎日、5校時の始まる前の10分間を読書タイムとして位置づけています。集中して自分の好きな本にひたって読んでいる東っ子たちです。

 特に毎月第2月曜日の時間は「ブックママさん」が来校し、選書くださった本を読み聞かせくださる東っ子たちの大好きな時間でもあります。

 

〇7月の「ブックママさん」による読み聞かせ

 一昨年度までは、低学年・高学年に分かれて読み聞かせくださっていましたが、感染症予防のため、1学年毎に実施しています。

   今年度、4月に第1回を行ってから緊急事態宣言が出ていたため、5月・6月の実施ができず、第2回は7月となりました。

 首を長くしてまっていた東っ子1年生・4年生たちです!

  

〔1年生に向けての読み聞かせ〕

「あつい あついひ」(作:しのづかゆみこさん)

「たなばた」(再話:君島久子さん・画:初山滋さん)

 この季節にぴったりの本を2冊も選書くださっていました。どんどんお話の世界に引き込まれていた東っ子1年生たちです。

「ブックママさんの読み聞かせ」がいっぺんに大好きになったそうな。静かに聴けるかしこさをほめていただいて自慢顔になる場面も!

 

 

  

〔4年生に向けての読み聞かせ〕

「あめふりのおおさわぎ」(作:ディビット・ジャノンさん・訳:小川仁央さん)

「たなばたものがたり」(文:舟崎克彦さん・絵:二俣英五郎さん)

 同じくこの季節にぴったりの本を2冊も選書くださっていました。集中して聴き入る東っ子4年生たちの姿がありました。

「なるほど」「ええっ!」つぶやきが出る場面もありました。季節に合わせて本を選び直して来校くださったことに感謝の声もあがりました。

 

 

〇次回の「ブックママさん」による読み聞かせ

 9月6日(月)に、2年生・5年生の教室に来てくださる予定です。お楽しみに!