オンラインで実施した2校交流事業1「低学年の活動紹介」

 5月25日に、令和4年度より統合する吉川小学校との今年度初の「2校交流事業」を実施しました。

 吉川小学校での学年交流活動を予定していたのですが、あいにく、緊急事態宣言が延長されたため、各校からのオンライン実施となりました。

 

 低学年の活動の様子を紹介します。

〇1ねんせい:「じこしょうかいをしよう!」

  

 

 

 画面にうつる吉川小学校の1年生のみんなの姿に大喜び!一言も聞きもらすまいと、懸命に聴きいっていました。

 次に1人ずつ「名前」と共に「自分の好きな〇〇」を伝えました。「ドキドキしたけど上手に言えた!」と大満足の東っ子1年生たちです。

 最後には「楽しかった~!」「またね~!」と互いに笑顔で手をふりあうかわいい姿がありました。

 

〇2年生:「『なんでもクイズ』をしよう!」

 

 

 

 吉川小学校2年生のみんなからの「学校」や「算数」に関するクイズを、色カードを示して答えていくのが楽しかった東っ子2年生たちです。

 次は自分たちの番!と、一人ずつ考えたとっておきの「学校」や「学習」クイズを相手に聞き取りやすいスピードで伝えます。

 互いに「答えは〇番です。」と正解発表をするごとに返ってくる反応もまた、楽しくてたまらなかったんですって!

 

 今年度初の「2校交流事業」を、ワクワクしながら待っていた東っ子たちです。

 交流事業(オンライン)終了後、全学年に共通していたのは、次の交流事業も楽しみにしている姿でした。

 これからも、交流事業をはじめ、吉川小学校の子どもたちとともに活動する行事や機会があります。

 両校の子どもたちにとって互いに心を通わせ合い、高め合える活動となるよう、今後も吉川小学校の先生方とともに事前事後の連携や取組を大切に進めてまいります。