6年生の図工です。

紙の手提げ袋の外側と内側に色紙を貼りました。

飾りをつけている子もいました。

太陽の光を透かしてみました。

 

光を通してみると、透かし模様が重なって、

とても素敵になりました。

 

 

中にLEDライトなどを入れると、

素敵な明かりができるでしょうね。

 

次は、太陽光を遮断した真っ暗な部屋で、

 

懐中電灯・カラーセロハンなどを使って、綺麗な光の芸術を作りました。

ペットボトルに光を当ててくるくる回すと、ミラーボールみたいななりました。

側面がガタガタしているので、光が屈折して模様ができたり、中に入れたカラーセロハンのくずでカラフルになったりしました。

 

懐中電灯にプラ板を巻き付けると、ライトセーバーみたいになりました。

懐中電灯にかたい網を巻き付けると、たいまつの炎の様でした。

工夫をこらして、よく考えましたね。

早速、ライトセーバー 対 炎 の戦いが始まりました。

 

天井に電灯の光を当てて竹籠をかぶせると、

天井一面にレースのような模様がでいました。

神秘的な雰囲気の授業になりました。

 

秋の夜長、

ご家族で、天井をめがけて光の芸術を楽しんでみてはいかがでしょうか。