6年生の図工です。

ステンシル技法を使って、夢のような色の世界の木を描きました。

 

画用紙に下絵を描いて、カッターで切り取りました。

 

スポンジに絵の具を含ませて、ポンポンと色付けしました。

 

ときどきめっくって、色の付き方を確認します。

「もっと明るい色にしようかな」

「すごくきれいになったー!」

夢中になって、いろいろな色を試しました。

 

「二色混ぜるときれいになるよ。」

「白を上からのせるとすごく明るくてきれいだね」

などの声も飛び交いました。

台紙になるカラー画用紙の色は、作品に合わせて自分で選びました。

 

 

「どの色が合うかなー。」

「どっちがいいかなー。」

随分迷いましが。

 

遂に完成!

とても素敵な作品ができました。

 

皆も大満足の作品になりました。