今日の給食【9月28日 木曜日】

主食:ご飯 主食:厚揚げの中華風煮 副菜:はりはり漬 その他:かみかみ大豆 牛乳

9月28日の給食

 

今日のもぐもぐ別所っ子

 今日の中華風煮には『くずきり』が入っています。くずきりは植物の『葛』からできています。みなさん、葛をどこか人里離れた山の奥に生えていると思ってはいませんか?葛は、そこら中に生えています。例えば、学校から遊庵への下り道や、三木小野インターへの入り口付近で、びっしり蔓の伸びた植物を一度はご覧になったことがあると思います。あれが『葛』です。葛きりや葛餅はこの葛のから取れたデンプン『葛粉』を使って作られます。葛100パーセントの本葛は、とても高級です。どこにでも生えている葛から取れた葛粉がどうして高価なのかというと、粉にするまでにとても手間がかかるからです。何度も何度もアク抜きをして、大量の葛の根から、ほんの少しの葛粉しか取れないのです。

葛の根 葛粉

 葛の根と葛粉です。

葛粉 加熱 葛餅

 葛粉と水は、本来相性の悪いものです。熱を入れることで、無理やり水分を吸わせます。お米をご飯にするのと一緒です。 

 右の写真は水に浸しているのではなく、ぬるま湯です。お湯からあげて冷えてくると葛粉と水分が分離し始めます。すると透明だった葛餅が、だんだんと白っぽくなってきます。そうなると舌触りが悪くなり、べちゃっとした食感になります。本当に美味しい葛餅を食べたければ、作ってから10分が勝負です。

 いつでもどこでも同じ品質のものが食べられる世の中ですし、お金を出せば高級食材だって取り寄せられます。しかし、出来立ての最高の状態で食べる贅沢というものもあります。

葛きり 加熱 葛きり

 葛を薄いシートのような状態にしてから細く切ったものが、葛きりです。 

今日の給食コーナー 今日の給食コーナー

今日の給食コーナー

 三枚一組の葉で、蔓をまいていたら、だいたい葛です。